びわ湖の森でメープルシロップ(樹液採取見学)

びわ湖の水源の森でいただくカエデの恵み

 

山門水源の森では自生しているカエデから調査の一環で試験的に樹液を採取する取り組みを行っています。樹液が取れるのは1月終わりから2月の中旬までの約2週間ほど。充分に成長した胸高直径20cm以上の木から採取します。樹液採取による木への影響はなく、翌年も元気に育ちます。今回、樹液採取の準備作業(タンク取付)と、樹液の回収作業を一般の方にも見学していただくツアーを用意しました。
※メープルシロップはカエデの樹液を採取し40分の1に煮詰めることで作られます。

 

1/20メープルタンク設置作業

スケジュール(予定)

9:30作業内容説明・現地へ移動

10:30タンク取付作業

12:00昼食

13:00作業終了

14:00下山・終了

 

 

2/17雪の中の山門水源の森を歩く(カエデ樹液採取見学つき)

※申し込み多数につき樹液採取体験から採取見学に変更になっています。

 

JRふれあいハイキングとして開催します。申し込みお問い合わせは奥びわ湖観光ボランティアガイド協会(090-3279-6563)まで。

 

2/17スケジュール

10:50近江塩津駅集合

11:02塩津駅前バス停乗車

11:08上沓掛バス停下車(バス代310円)

11:20山門水源の森着

(スノーシューハイキング・樹液採取見学)

14:50下山

15:12上沓掛バス停乗車(バス代310円)

15:18近江塩津駅着

 

樹液採取体験希望の方は2/3,2/17の保全作業に参加お申込みください。