山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会

  • 希少種をはじめとする多様な生き物の保全と再生を行っています。
  • 里山の環境保全活動の重要性を学ぶ場の提供を行っています。
  • 活動を多くの関係者の協働で推進しています。
  • 来訪者への学習、癒やしの場の提供を行っています。

2001年に設立した本会は、会員(2017年度約120名)を中心に、滋賀県や長浜市・上の庄生産森林組合・山門区住民の皆さん・各種ボランティア団体などのご協力をいただきながら以下のような活動を行っています。これらの活動には、お寄せいただいた「協力金」や「寄付」を活用しています。

  • 保全活動:通水・砂防、侵入植物の除去、獣害防止、パトロールと観察コースの保全
  • 復元作業:希少種の増殖、除伐・林床整備
  • 実験・調査:里山植生や湿原植物の再生実験、生態記録
  • 観察会・学習のサポート:有料ガイド、各種団体研修、環境と保全の体験学習、自由研究サポート、出前講座

実際の保全活動プログラムはこちら


2018年・2019年度 役員名

会  長:浅井 正彦

副  会  長:村田 良文

事務局長:橋本 勘

事務局補佐:藤本 秀弘

一般会計:西川 勇

販売会計:伊藤 博

会計監査:和蔵 順人

理  事:

竹端 康二、藤本 和子、中野 栄美子、田中 真哉、富岡 明、津原 重久、池田 浩