(18/12/13)

(Tomioka)


(18/12/11)

(Tomioka)


「大津祭」曳山材の育木のための伐採(18/12/10)

 国指定・重要無形民俗文化財の『大津祭』の曳山は13基があり、現在使われている曳山は、江戸時代制作のものだそうです。 この曳山の大部分はアカガシが使われています。

 100年に1回くらいの造り替えが必要ですが、 大きなアカガシの材を入手することが難しいとのこと。一昨年から将来の造り替えに備えて、この森の アカガシを育てることにしています。

 そのための伐採をやっています。

・大津祭の曳山(左)

・育木の周りの萌芽株を伐採(中)

・伐採後の周辺整理(ピンクテープが育木)(右)

(Fujimoto)


「山終い」の後の炭窯(18/12/09)

 筆者の生まれた地方では、例年12月8日が「山終い」でした。 これ以降は、奥山での山仕事は行われませんでした。12月8日は、奥山と村の境界にある「山の神」の前で、子どもたちが大きな 炎の立つ火焚きを行うのが慣習でした。

・「山終い」を思い出した炭窯(左)

・木橋にヒラタケ発生(中)

・落葉したハナヒリノキ(最新情報11/25参照)(右)

(Fujimoto)


今シーズン初の雪景色(2018/12/08)

 山陰から北海道にかけての日本海側で大雪の予報。滋賀県北部も風雪注意報。しか し、降ってきたのは断続的な霙で午後は止み間もありました。積雪は朝からの霙で融け たのか、心配したほどではありませんでした。

【画像左】湿原沿い観察コースから見た朝の守護岩~総見山方面。下山時には樹木の 枝先の雪は消えていました。

【画像中】守護岩周辺の積雪。積雪計で1㎝でしたが、日中の霙で解けた可能性があ り、朝方はもっと多かったと思われます。

【画像右】雪をかぶったキノコ。湿った雪が重い?

(森の案内人X)


(18/12/06)

(Tomioka)


昨夜の強雨で森の落葉は完了し、降雪を待つばかり(18/12/05)

 いよいよこの週末には、湿原にも積雪がありそうな予報。真っ白な 積雪の中にミヤマウメモドキの赤い実が・・・待ち遠しい。

・落葉が完了したコナラ林(左)

・名残の紅葉(中)

・コナラ林の林床は落葉が敷き詰められた(右)

(Fujimoto)


山門水源の森 ポスター展(18/12/04)

 今日4日から12月21日(金)まで山門水源の森を紹介する展示を滋賀銀行 木之本支店のロビーで行っています。

(Murata)


霧の風景(18/12/03)

(森の案内人X)


終日快晴の森 名残の紅葉を楽しむ(18/12/02)

 久々の快晴の森に遠方からの来訪者が続く。「落葉の森も しっとりといいですね」と小春日和の森をゆったりと歩かれ ている姿はなんとなくロマンチック。

・北部湿原の水面に映る総見山(左)

・アカイタヤカエデの中にコハウチワカエデ(中)

・ナメコが発生した林床のコナラの朽木(右)

(Fujimoto)


湿原の草紅葉の色合いも植物の種によって変わる(18/12/01)

 湿原を被う草本は、中央湿原ではヨシが、南部湿原ではヌマガヤ が優占しています。その違いが草紅葉の色合いに反映します。

・沢道の古切り株に育つスギの実生(左)

・中央湿原の草紅葉(中)

・南部湿原のヌマガヤ(右)

(Fujimoto)


これより前の情報は、パソコンでは画面右側の「情報(◯年◯月)」をご覧ください。