小雨の森もしっとりとして心楽しい(20/07/02)

 小雨の中、今日も来訪者が「これくらいの雨なら、かえって 落ち着いた感じでいいですね」と。「大窓」は、好天の日に 見渡せない、鈴鹿山地や近江八幡の長命寺山まで望めました。

・タゴガエルがどこに居るか分かりますか(左)

・大窓からの眺望(中)

・いろいろなキノコが発生し出しました(カレバキツネタケ)(右)

(Fujimoto)


良くも悪くも、ちょっと意外な体験です。(2020/07/01)

【画像左】逃げないタゴガエル。雨後とはいえ、いつもは乾燥しているブナの森で。「なんでこんなところにいるんだ!?」と手を伸ばしても逃げない。指の先に顎を乗せているように見えませんか?もちろん容易に捕まえられます。しかし、その後逃げようと暴れ、逃げるときは素早い。なぜこんな行動をするのでしょうね。

【画像中】2足歩行で走って逃げるヤマドリ。森を歩いていると稀に足元からヤマドリが大きな羽音を立てて飛びあがり、びっくりさせられます。今日は子連れで、子は飛び上がりましたが親は速足で逃げ、飛び上がることはありませんでした。親はゆっくりと逃げて敵の目を自分に引き付けているのでしょうか。暗い中でのブレ写真、ご容赦を。

【画像右】ちょっと嫌な話。水源の森入口の総合案内版の下に捨てられたゴミです。ティッシュぺーパーとドリンク剤の空き瓶です。なんで最も多くの人が見る総合案内版の下?とても自然を愛でる人のすることではないと思います。コロナのせいか、最近入山される方が増え、それに伴ってコース中のごみも確実に増えています。ぜひ快適な環境維持にご協力を。

(森の案内人X)

パネル展示をしています(2020/07/01)

期間は7月1日から7月31日までの間、滋賀銀守山支店で行っています。 今回は、春から夏のイメ-ジで展示してみました。

(Nishikawa)


これより前の情報は、パソコンでは画面右側の「情報(◯年◯月)」をご覧ください。