無粋も見方を変えれば…(2019/09/30)

 山門水源の森は貴重な植物の宝庫。要所に保護ネットを設置しています。できるだけ景観を損ねないよう配慮しているつもりですが、「見苦しい」「自然景観を損ねる」といったお𠮟りも。しかし、そのネットのおかげで色々な生態を観察できます。何よりも目の前で自然の営みを感じることができます。少し見方を変えて自然の楽しみを見つけてください。10月26日には保護ネット観察会もあります。

【画像左】ササユリ保護ネットを這いあがったツルニンジン(別名ジイソブ)。美しさや形の面白さが手で触れながら見られます。

【画像中】そのツルニンジンに来たコガタスズメバチ。そろそろスズメバチが攻撃的になってくる季節ですが、蜜を吸うのに夢中です。これだけ大きな昆虫が花の中に入り込めば花粉が体につき、受粉に役立つのではないでしょうか。

【画像右】ネットの網目に張ったゴミグモの網。一般的に「クモの巣」と呼ばれます。さて巣の主はどこでしょうか?主は、ゴミの中です。

(森の案内人X)


(2019/09/29)

【画像左】黄葉が始まりました。

【画像中】付属湿地では、キタテハがたくさん飛んでいました。

【画像右】アケボノソウ

(Tomioka、Murata)


研究者もちょっとびっくり! ニシキゴロモの色々(2019/09/28)

 今年はニシキゴロモがたくさん咲きました。図鑑によれば日本固有種で花期は4-5月。しかし、間もなく10月という時期でも咲いています。しかも色がピンク系、白、青と3色同時です。別種かと思い、植物に詳しい会員にお聞きし、分類研究者に問い合わせていただきました。

 すると「3種ともニシキゴロモ。花の色の変種が多い種類であるが、同じ地域にこれだけ変異があるのはちょっとびっくり…」とのコメントをいただきました。植物は面白いがむつかしい…。

【画像左】図鑑を見ると出てくるニシキゴロモ。紅紫色。今日、この色だけは見つからず、9/24の画像。

【画像中】図鑑によってはシロバナニシキゴロモとあるが、同じものかはわからない。

【画像右】青い花のニシキゴロモ。

(森の案内人X)


山門水源の森は苔のパラダイス(19/09/27)

 山門水源の森には、これまでの調査で100種を超えるコケのあることが 分かっています。湿原は今草で被われていますが、その下には オオミズゴケやハリミズゴケがカーペットのように張り付いています。 沢沿いの岩・木々の幹・朽木にと様々なものに付着している苔は カメラアングルによって奇妙な景観を切り取ることも出来ます。

(Fujimoto)


(2019/09/26)

(Tomioka)


森の中で昼食を摂りながら中国の学生と歓談(19/09/25)

 学生は弁当(コンビニで買った物)を持ってきているというので、 森の中で歓談しながら昼食としました。2時間ほど歩いただけで この森が気に入ったのでここで働きたいという学生も。給料は 出せないのだがと言うと、給料は無くても良いと勇ましい学生。 こんな学生に来てもらいたいものだが、ビザの問題が・・

 野生動物のミネラル補給所を是非観たいというので、四季の森 の補給所へ案内しましたが、未だ繁殖期には早く利用はされていませんでした。

・森の中で昼食(左)

・ミネラル補給所(中)

・オオオニテングタケ(右)

(Fujimoto)


秋の花々が咲き始めました(19/09/23)

 湿原側は紅葉が進んできたことが分かりますが、日照時間が 少ない四季の森の紅葉には未だ相当な時間が必要です。

・四季の森(左)

・エゾリンドウとサワシロギク(中)

・ミヤコアザミの訪虫を待ち構えるオオカマキリ(右)

(Fujimoto)


ハグマの仲間も見頃になってきた・・・(19/09/21)

 この森にはハグマの仲間が3種分布しています。 カシワバハグマ・オクモミジバハグマ・クルマバハグマです。 しかし、クルマバハグマはシカの食害で未だ再生していません。 オクモミジバハグマは草丈も低く、花もちいさいのですが、 よくよく見ると実に変化に富む花です。

・オクモミジバハグマ(左)

・カシワバハグマ(中)

・色づきだしたクリ(右)

(Fujimoto)


乾燥した森にも、忍び寄る秋を感じさせる光景あちこちに(19/09/18)

 湿原のススキは穂が白み始め、マルバハギやホツツジが開花。 ササユリの朔果も心なしか色づいたものがあります。

 しかし、樹冠を見上げると未だ紅葉には早く、ヒグラシも鳴いています。

・色づき始めたササユリの朔果(左)

・コナラ、コハウチワカエデは未だ紅葉には早い(中)

・堅いユキバタツバキの葉を食するチャドクガ(右)

(Fujimoto)


乾燥した森ではキノコも乾燥標本のよう・・(19/09/16)

 森は乾燥しきっており、林床のキノコの新たな発生は少なく、 既に発生したものは乾燥標本のようになっている。分解速度が 遅く1週間以上も見られるキノコもある。

 次のキノコのために一雨欲しいところ。

・コガネヤマドリ(左)

・獲物に食いつくナガコガネグモ(中)

・ヤマジノホトトギス(右)

(Fujimoto)


秋本番前の一日(2019/09/14)

 中秋の名月も過ぎ、秋本番に差し掛かる頃。今日は猛暑もおさまり、13時ころのブナの森では気温27度、湿度54%、さわやかで快適な一日でした。

【画像左】ビューポイント「大窓」からの景観。伊吹山から琵琶湖塩津湾を経て大浦湾がくっきりと見えました。最近ではちょっと珍しい空気感。手前の木々の葉は少し秋めいた感じでした。

【画像中】色づき始めたナナカマドの実。今年は実の数が多く、台風被害がなければ赤い実と紅葉が楽しめそうです。

【画像右】ジョロウグモ。腹部が赤くなり、成熟期に。近くには交尾のチャンスをうかがう目立たないオスが待ちます。

(森の案内人X)

夏休み林業体験(2019/09/14)

 ながはま森林マッチングセンター主催「夏休み林業体験 森ではたらく3日間」の3日目の活動が、秋風の吹く森林内で行われました。

(Murata)


次の世代に命をつなぐ森の生きものの多彩な営み(19/09/13)

 多種多様な生きものの息づく森も冬を迎える前に、次の世代へ 引き継ぐための準備を進めています。個々の営みを観ると命の 尊さに感じ入ります。

・充実して赤味が増したツチアケビ(左)

・アブラガヤにトリノフンダマシの卵嚢(中)

・胞子飛散準備完了のコガネヤマドリ(右)

(Fujimoto)


ナラタケモドキが至るところで発生・・・(19/09/12)

 林床に発生を続けるイグチの仲間に続いて、テングタケの仲間の発生も 目立つようになってきました。また、森の至る所にナラタケモドキが発生し、 余りの多さに、ついつい踏み付けてしまいそうになる状態です。

 写真は全てナラタケモドキです。

(Fujimoto)


(2019/09/11)

(Tomioka)


高温続きだが空は碧く秋のたたずまい(19/09/10)

 碧い空にミヤマウメモドキの赤い実が映え、気温のことを 考えなければ「秋」。林床では相変わらずイグチの仲間を中心に キノコの発生が続いている。

・青空に映えるミヤマウメモドキ(左)

・ハイカグラテングタケ(中)

・ホオベニシロアシイグチ(右)

(Fujimoto)


(2019/09/09)

(Tomioka)


京都樹木の会の皆さんの観察会(2019/09/08)

 台風15号接近で天候を心配しながらの企画、なんと見事な晴天に恵まれたまでは良かったのですが、季節外れの暑さに見舞われた観察会。しかし、尾根筋では台風の余波か、さわやかな風が汗ばんだ肌に気持ちよく、快適な観察会に。知識豊富の皆さんにガイドもたじたじ、教えていただくこともあり、充実した一日でした。

【画像左】出発前には「転倒予防」の準備体操。大変参考になりました。自分も気をつけねば…。

【画像中】北尾根で見つけた大型のイグチ系キノコの観察。傘の直径約15cmでピンク色を帯びたきれいなキノコ。周辺には大小数本まとまって出ており、撮影会に。

【画像右】下山途中にはヒノキの割り木を楽舎前まで運搬。お疲れのところご協力いただき、大変ありがとうございました。

(森の案内人X)


イグチの仲間が林床に次々と・・・(19/09/07)

 この時期のキノコは圧倒的にイグチの仲間が多い。

 色合いも形態もさまざまでついついシャッターを切ってしまう。 幼菌・成菌・老菌・傘の裏の色合い・柄の文様と観るところは多い。

・ニガイグチモドキ(左)

・ホオベニシロアシイグチ・幼菌(中)

・クリイロイグチ(右)

(Fujimoto)


(19/09/06)

(Tomioka)


遅れていた大型キノコ大発生(19/09/05)

 大型キノコの発生が少なく、今年は・・・と心配していましたが、今日はイグチの仲間を中心に多くのキノコが発生しました。

 これからしばらくはキノコの観察に目が離せません。

・コガネヤマドリ(左)

・コシロオニタケ(中)

・ハイカグラテングタケ(右)

(Fujimoto)

(19/09/05)

9月3日~27日
滋賀銀行 守山支店でポスター展示を行っています。


秋の気配がひたひたと忍び寄ってきました(19/09/03)

 9月に入ったとはいえ、今日は蒸し暑い1日でした。しかし、 森の中はやっぱり秋を感じる気配が確実に進んでいます。 湿原のミヤマウメモドキの色合いも日増しに赤さを増し、 カシワバハグマも咲き出しました。変形菌もあちこちで見られる ようになりました。未だ大型のキノコの発生は今イチです。

・カシワバハグマ(左)

・ヤシヤイグチ(中)

・今日も多数が上陸するモリアオガエルの幼体(右)

(Fujimoto)

(2019/09/03)

 9月5日から長浜市湖北町速水にある「つむぎカフェ」に奥びわ湖・山門水源の森のガイドブックなどを置かせてもらっています。( 長浜市湖北町速水1294-1 国道8号線 沿い「せんたくや速水店」隣 。定休日:毎週水曜日・第1日曜日)

(Murata)


(2019/09/02)

(Tomioka)


作業の合間に(2019/09/01)

 台風被害が残る、ブナ植栽地周辺の整理作業中、ブナ保護ネット内で見られたものです。 シカなどによる食害で裸地になっていた場所ですが、様々な植生が回復してきています。

【画像左】サンショウの実生。山門の森ではカラスザンショウは多く見かけますが、サンショウは限られています。この実生の近くでも「親」は見られないため、野鳥が運んできたのでしょう。

【画像中】シロバナニシキゴロモ。花期は5〜6月頃ですが、継続して花を咲かせています。落ち着かない気候のせいでしょうか。

【画像右】見慣れない「ガ」。特異な形が印象的ですが、翅を広げた大きさが1cm、トリバガ科の一種と思われます。

(森の案内人X)


これより前の情報は、パソコンでは画面右側の「情報(◯年◯月)」をご覧ください。