「海と日本プロジェクト in滋賀県」山門水源の森で第1日目(18/07/14)

 表記のテーマで公募された滋賀県下の小学5年生26名が、琵琶湖の水源である この森に訪ねてきた。非日常的な自然の妙味を感じてもらうには何がいいかと 思案したあげく、「森の中で寝転び目を閉じて何を感じるか」に挑戦して みました。頬をすり抜ける涼風・風でこすり合う葉音・流れ下る沢の音・ かすかに聞こえる野鳥の鳴き声、「そんな中を自分が飛んでいる感じ・・」と ついぞ子どもの口から出る言葉とは信じがたい「想い」を語ってくれました。 教えることよりも、感じることの素晴らしさを知らされた1日でした。


お知らせ

※この森は気軽に立ち寄ることのできる里山ですが、「山」には違いありません。山へ行く服装・靴などでお越しください。 



今後の活動予定

※毎月第1・3土曜日の保全作業は、会員でなくても、半日だけでも参加していただけます。9時30分までに「森の楽舎」{駐車場を約100m上がった建物}に直接お越しください。事前申込不要です。(雨天中止) お問合せ先

 

07月21日(土)保全作業(沢道の土のう積み)

07月22日(日)クモの世界は秘密がいっぱい(満員御礼:キャンセル待ちにて受付中)

07月27日(金)〜8月2日(木)山門水源の森パネル展示(野洲市市民活動センター

08月04日(土)奥びわ湖・山門水源の森現地交流会(おもしろおかしい粘菌ぐらし)


キタヤマオーレン
夏の四季の森
秋の四季の森
雪に覆われた湿原