湿原の草本類も枯れ、湿原の構造が観られるシーズン到来(19/12/13)

 山門湿原は、夏期の緑に被われた時期は湿原の微地形(凹凸)が見にくい のですが、草本類が枯れ倒れ始めると池塘をはじめとする微地形が観やすく なります。もっとも観察し易いのは雪解け直後となります。今日も池塘に 白い雲が映り込んでいました。


お知らせ

「びわ湖の森でメープルシロップ」こちらからお申し込みください

週末を自然の中で過ごしてみませんか?

※毎月第1・3土曜日に行っています森を保全する活動は、会員でなくても、半日だけでも気軽に体験していただけます。少しでもサポートしていただける方をお待ちしています。

事前申込は不要です。(お問合せ先

  • 冬のため3月頃再開
12月7日のネット外し体験
12月7日のネット外し体験


※この森は気軽に立ち寄ることのできる里山ですが、すべりやすい坂もある「山」です。また、病気を媒介することがあるマダニなどもいますので、山へ行く服装・靴などでお越しください。



森の最新の様子(◯◯が咲いた。◯◯が見頃など)やイベント情報などをお届けします。



キタヤマオーレン
夏の四季の森
秋の四季の森
雪に覆われた湿原