モリアオガエルの森への帰省ラッシュ(18/08/19)

 5月に始まったモリアオガエルの産卵は7月下旬まで 続きました。猛暑が続きましたが、湿原の水は干上がること無く モリアオガエルの卵の孵化も順調で、早いものは6月から 幼体が森へ戻り始めました。今日はそのピークだったようです。 写真は南部湿原から森へ向かって移動中の幼体。


お知らせ

※この森は気軽に立ち寄ることのできる里山ですが、「山」には違いありません。山へ行く服装・靴などでお越しください。



週末を自然の中で過ごしてみませんか?

※毎月第1・3土曜日に行っています保全活動は、会員でなくても、半日だけでも体験していただけます。9時30分までに「森の楽舎」{駐車場を約100m上がった建物}に直接お越しください。事前申込不要です。(雨天中止) お問合せ先

・09月01日(土)保全活動(木や枝を細かくする作業・楽舎の壁や屋根を塗装)

・09月15日(土)保全活動(内容未定)午前中のみ


キタヤマオーレン
夏の四季の森
秋の四季の森
雪に覆われた湿原