お知らせ

積雪があった場合、駐車場の除雪ができていないことがありますので、ご来場いただく方は、自分の駐車スペース確保のためスコップ等をご持参ください。駐車場に利用させてもらっている長浜市の旧斎苑は、業務を終了したため市による除雪がされません。

雪の量はそれほどでもないが、気温は上がらず(23/01/26)

 気象予報では1月25日頃には記録的な寒波についての注意喚起がなされいましたが、実際に寒波が襲来し、全国各地で、特に普段雪が降らない地域での大雪や交通機関の混乱が報じられました。しかしながら、滋賀県の湖北地域では思ったほどの降雪はなく、今朝の楽舎前積雪計は20cm程の積雪です。

 気温の方は24日の17時から氷点下になり、25日は終日氷点下、今日も13時までは氷点下の状態で、路面も凍ったままです。樹木に積もった雪も溶けずにのったままです。


お知らせ

奧びわ湖・山門水源の森 

生物多様性の保全の20年」

好評発売中!

 

「山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会」の

20年にわたる活動を紹介する記念誌です。

 

 

●申込は、申込書フォームへ

 

●お近くの書店でご注文いただくか、琵琶湖博物館で買い求めできます。

 



入山に際して、楽舎(山小屋)事務室前に置いてある「記帳簿」へ「登山届け」代わりにお名前の記入をお願いします。

 

また、その横に置いてあるポストへ保全のための

協力金(一人200円)を入れていただくようにお願いします。コース整備・獣害対策などに充てています。

 「協力金」ポストの横に「ガイドマップ」を入れた箱があります。お持ちください。



動植物の採取はできません

 この森や湿原には、学術上貴重な動植物が数多く生息しています。また、保安林に指定されており、人為的な行為について規則があります。


盗掘防止にご協力ください

 湿原の柵の中に入っている人・動植物を取っている人を見かけたら、管理者である滋賀県森林政策課(TEL.077ー528ー3919)まで通報してください。


週末を自然の中で過ごしてみませんか?

初雪の残る湿原で防獣ネット外し(2022/12/03)
初雪の残る湿原で防獣ネット外し(2022/12/03)

 毎月第1・3土曜日、保全する活動を行っています。(第3土曜は午前中のみ)

9時に入口から200mほど入ったところにある山小屋(もりの楽舎)にお集まりください。

 

引き継ぐ会の年間スケジュール予定

 

お問い合わせ先


次は、2023年3月4日(土)頃再開します。
積雪期間は休みです。



キタヤマオーレン
夏の四季の森
秋の四季の森
雪に覆われた湿原

株式会社 山久による滋賀県のネーミングライツ(命名権)取得で、愛称は「奥びわ湖・山門水源の森」です。(2018年1月1日~)