今日も黄砂漂う森でしたが、展望場からカスミザクラがアクセントに(24/04/20)

 今日も終日黄砂が漂い、スカッとした新緑とはゆきませんでしたが、 展望所から見下ろす湿原脇にはカスミザクラが次々と開花してきました。

 湿原脇には、ザイフリボクも咲き始めてきました。

過去の情報は「最新情報」に載せています


お知らせ

現地交流会

2024現地交流会

 

日時:4月27日(土)

 10:00〜16:30

午前:西浅井まちづくりセンター 

講演:山川千代美 氏(琵琶湖博物館学芸員)

「奧びわ湖・山門水源の森の氷河期から今日までの植物の移り変わり」

・山門湿原で見つかった化石を通して、植物がどのように変わってきたか。

 

午後:奧びわ湖・山門水源の森 へ移動

・ミツガシワの観察を行います。

 

定員:100名

参加費:2000円(中学生以下無料)

 

申込先(ながはま森林マッチングセンターへ)



森の説明会

 

◆奥びわ湖・山門水源の森の自然保護および保全活動などを行う当会の活動に関心のある方を対象に説明会を開催します。

日時:①5月25日(土)、②6月1日(土) 各9時受付開始  ※②のみの参加不可

場所:山門水源の森 森の楽舎 (西浅井町山門)

人数:先着10名

その他:申込み先準備中


気温・積雪情報

長浜市西浅井町(奧びわ湖・山門水源の森の駐車場にある観測点)

(※積雪時、駐車場は除雪できていないことがあります)


動植物の採取はできません

湿原の柵の中に入っている人・動植物を取っている人を見かけたら、管理者である滋賀県森林政策課(TEL.077ー528ー3919)まで通報してください。

この森や湿原には、学術上貴重な動植物が数多く生息しています。また、保安林に指定されており、人為的な行為について規則があります。


週末を自然の中で過ごしてみませんか?

 保全活動は、毎月第1・3土曜日、行っています。9時に駐車場から200mほど入ったところにある山小屋(もりの楽舎)にお集まりください。

 

引き継ぐ会の年間スケジュール予定

お問い合わせ先

次の第3土曜4月20日は、27日の現地交流会下見のため行いません。

次の保全活動:月4日 (土)


■入会へのおさそい■

 

自然の中で水源の森の保全活動や観察会などへ会員としてご参加ください。

★年会費:2,000円(傷害保険費込

・毎月「ニュースレター」「森だより」送付

・山や生き物などの多様な森での活動

 

入会申込フォーム

輪切りしたナラ枯れを整理(2023/11/04)
輪切りしたナラ枯れを整理(2023/11/04)
次の世代のための林床整備
次の世代のための林床整備


入山に際して、楽舎(山小屋)事務室前に置いてある「記帳簿」へ「登山届け」代わりにお名前の記入をお願いします。

 

また、ポストへ保全のための協力金(一人200円)を入れていただくようにお願いします。コース整備・獣害対策などに充てています。

 「協力金」ポストの横に「ガイドマップ」を入れた箱があります。お持ちください。

協力金ポスト


キタヤマオーレン
夏の四季の森
四季の森の紅葉
雪に覆われた湿原

株式会社山久

株式会社 山久による滋賀県のネーミングライツ(命名権)取得で、愛称は「奥びわ湖・山門水源の森」です。(2018年1月1日~)


湖北工業株式会社